OPEC総会よりも心配なサウジのメルトダウン絵空事ではない原油供給ストップ、日本の備えは大丈夫か – オリジナル海外コラム


ムハンマド皇太子は国内では数千人に及ぶ王族の大半を敵に回し、海外では「核疑惑」を含め欧米の情報機関から問題視されている。そんな皇太子が国王就任を強行すれば国内で内乱が勃発する、との懸念は「杞憂」ではなくなっている。

Continue reading "OPEC総会よりも心配なサウジのメルトダウン絵空事ではない原油供給ストップ、日本の備えは大丈夫か – オリジナル海外コラム"

おしりの拭き方から考える「冬の食中毒」対策食品従事者も消費者も“そのトイレ”にご注意を – 食の万華鏡


「食中毒は夏場が本番!」と思いきや、近年は冬場の対策が大切である。というのも、食中毒事件数の3分の1、また食中毒患者の半数以上がノロウイルスによるものであり、その発生が11月から翌年3月にかけての冬場に集中するからである。

Continue reading "おしりの拭き方から考える「冬の食中毒」対策食品従事者も消費者も“そのトイレ”にご注意を – 食の万華鏡"

日本経済の再生は弱火でグリル?アベノミクスの5年間が達成したことと、していないこと – The Economist


東京は皇居の北に位置する飯田橋界隈。会社帰りの若い男女が、お酒と焼き鳥を楽しもうとお手ごろ価格の居酒屋チェーン「鳥貴族」に集まっている。ここでは、テーブルに据えつけられたタッチパネルを客が操作して注文を出す。賃金を抑えることが難しくなっているため、運営会社が店員の数を減らすために導入したのだ。

Continue reading "日本経済の再生は弱火でグリル?アベノミクスの5年間が達成したことと、していないこと – The Economist"

強いように見えて弱い「ガラパゴス国会」空洞化する国会が政治を混乱させる – 日本経済の幻想と真実


法案が国会に出てからも内閣が修正できるようにするなどの改革で、空洞化した国会を名実ともに「国権の最高機関」にしないと、政治は本質的に変わらない。

Continue reading "強いように見えて弱い「ガラパゴス国会」空洞化する国会が政治を混乱させる – 日本経済の幻想と真実"

製造業の実態調査では「過半数がIoTで課題解決」実践!IoTを使った現場改善(10) – 経営のためのIT活用実学


最適な「データ取得と活用」を行うために必要なIoT技術は何か、その有用性をどう見極めて検証するのか、をベンダー等に任せきりにするのではなく、企業自ら行うことがIoT活用を成功裏に終えるためのカギだろう。

Continue reading "製造業の実態調査では「過半数がIoTで課題解決」実践!IoTを使った現場改善(10) – 経営のためのIT活用実学"

日本一裕福な村、先手必勝へ次の一手は小学校豊かさへの安住が危機を招く:熱中小学校・更別村の取り組み – 新・地方自治論


北海道・十勝平野のほぼ中央に位置する帯広十勝空港。上空から見渡しても限りなく畑が続いている。日本の大規模農業のメッカである。空港からクルマでわずか10分のところに更別村はある。東京・羽田空港へ約1時間半。電車やクルマで札幌へ行くよりも近い。雪もあまり降らず渋滞など全く無縁なことを考えると北海道で最も便利な場所と言えなくもない。

Continue reading "日本一裕福な村、先手必勝へ次の一手は小学校豊かさへの安住が危機を招く:熱中小学校・更別村の取り組み – 新・地方自治論"

顔には肖像権がある、では指紋はどうでしょうか?最先端のフィンテック現場で起きている「権利」の問題 – 世界の中の日本


 あなたの指紋には「肖像権」があるか、あるいはあなたの血圧変動や病歴に、知的財産権があるか、というトピックスを考えてみましょう。

Continue reading "顔には肖像権がある、では指紋はどうでしょうか?最先端のフィンテック現場で起きている「権利」の問題 – 世界の中の日本"

加計学園問題は朝日新聞の社運を懸けた闘いだったフェイク・ニュースに惑わされずに、国家・国民の存続・安寧に尽力しよう – 安全保障を考える


11月17日、安倍晋三首相が特別国会で所信表明演説を行った。「安定的な政治基盤の下、政策をひたすら実行せよというのが総選挙で示された国民の意思」であると述べ、北朝鮮問題、少子高齢化問題などを挙げ、これを成し遂げるために知恵を出し合って憲法改正する必要があると述べた。

Continue reading "加計学園問題は朝日新聞の社運を懸けた闘いだったフェイク・ニュースに惑わされずに、国家・国民の存続・安寧に尽力しよう – 安全保障を考える"

「この地面には大量の血が」 スレブレニツァ大虐殺の生存者 – BBC News


旧ユーゴスラビア国際戦犯法廷(ICTY)は22日、1992~95年のボスニア・ヘルツェゴビナ内戦でジェノサイド(集団虐殺)などの罪に問われたセルビア人司令官ラトコ・ムラディッチ被告(74)に対して、終身刑を言い渡した。この判決に先立ちBBCは、1995年にスレブレニツァの大虐殺で身内のほとんどを失い、自分も死んだふりをしてかろうじて生き延びたメブルディン・オリッチさんに話を聞いた。

Continue reading "「この地面には大量の血が」 スレブレニツァ大虐殺の生存者 – BBC News"

BA新方針 格安航空券の人は最後に搭乗 特権主義? – BBC News


ブリティッシュ・エアウェイズ(BA)は20日、格安航空券の利用客は一番最後に搭乗することになる新方針を発表した。12月12日から開始するという。新しい搭乗方式では搭乗券に1から5の数字が印刷される。「1」はファーストクラス。格安航空券は「5」になる。乳幼児を連れた乗客や移動が不自由な乗客はこれまでどおり、優先的に搭乗できる。新しい搭乗方式についてBAは、搭乗手続きの簡素化のためだと説明している。しかし利用者のなかには、「階級制度」にもとづくもので、乗客の便宜をさらに損なうものだと批判する声もある。ツイッターでは「@scottishcringe」さんが「英国の階級制度ほど、自分の立場を思い知らされるものはないな!」と書いた。「@samvines6」さんは、「誰がこんなバカなこと考えてついたんだ? 搭乗手続きを良くしたいなら、値段じゃなくて座席のブロックごとに乗せればいい」と書いた。一方で、頻繁に飛行機に乗る立場でブログを書いているベン・シュラピッグさんは、「これは機体の種類に関係なく広く使える方法で、乗客にも理解しやすい」、「明らかにこれで搭乗方法は分かりやすくなるので、自分は歓迎する」と評価している。

Continue reading "BA新方針 格安航空券の人は最後に搭乗 特権主義? – BBC News"

ベネズエラ危機のあおり食う中南米諸国逃げ出すしかない国民、コロンビアでは深刻な難民危機に – Financial Times


ベネズエラの首都カラカスの地元の公園に4歳の娘を連れて行き、真昼間に男が撃ち殺されるのを目撃した時、ディオミラ・ベセラさん(34)はもう国を去る時だということが分かった。「あれが最後のとどめでした。翌日に発ちました」。元教師のベセラさんはこう話す。

Continue reading "ベネズエラ危機のあおり食う中南米諸国逃げ出すしかない国民、コロンビアでは深刻な難民危機に – Financial Times"

アップルのARヘッドセット、製品化は2020年か カナダのAR新興企業を33.6億円で買収 – IT最前線


米テッククランチが伝えるところによると、米アップルは今年の夏に、AR(拡張現実)用のヘッドセットを手がけるカナダの新興企業を買収したようだ。

Continue reading "アップルのARヘッドセット、製品化は2020年か カナダのAR新興企業を33.6億円で買収 – IT最前線"

日本に切迫している本当の軍事的脅威に目を向けよ弾道ミサイル防衛システムでは防げない中国の巡航ミサイル – 安全保障を考える


日本政府が、弾道ミサイル防衛システムに巨額の国防費と防衛資源をつぎ込む姿を見ていると、日本が直面している軍事的脅威は、あたかも北朝鮮の弾道ミサイルだけであるかのような錯覚に陥ってしまう。

Continue reading "日本に切迫している本当の軍事的脅威に目を向けよ弾道ミサイル防衛システムでは防げない中国の巡航ミサイル – 安全保障を考える"

シリコンバレーで見たAIとIoTビジネスの未来【2】AIブームを生んだ深層学習モデル、実用化を阻む弱点も – マーケティング道場


深層学習の手法を用いることで、これまで人の手で行われてきた作業が完全に自動化されたり、自動化できるようになるのも時間の問題となった。この勢いで、AI技術とそれを活用したIoTが社会に広く浸透し、驚くべきスピードで世の中が変わっていこうとしているのか、それともまだ何らかの越えられない壁があるのだろうか?

Continue reading "シリコンバレーで見たAIとIoTビジネスの未来【2】AIブームを生んだ深層学習モデル、実用化を阻む弱点も – マーケティング道場"

日本の国技・大相撲で起きた“子供の喧嘩”に世界は唖然八百長や暴力団との癒着から抜け出ていない、モンゴルを妬んでいる・・・ – オリジナル海外コラム


横綱・日馬富士の幕内・貴ノ岩に対する暴行問題は事件発生から1か月が経とうとするが、深層はいまだ闇に包まれたままだ。それどころか、加害者の日馬富士周辺と被害者の貴ノ岩周辺の証言に、様々な食い違いが表面化。事件を調査・検証する鳥取県警は、年内にも日馬富士を書類送検すると見られるが、事件の焦点は、貴ノ岩の親方、貴乃花や相撲協会の対応や動向に絞られてきた。

Continue reading "日本の国技・大相撲で起きた“子供の喧嘩”に世界は唖然八百長や暴力団との癒着から抜け出ていない、モンゴルを妬んでいる・・・ – オリジナル海外コラム"

秘密工作員「ジェームズ・ボンド」意外な命名の由来原作者イアン・フレミングが別荘で愛用したものとは – 欧州


原作者イアン・フレミングは、カリブ海の島ジャマイカの別荘「ゴールデンアイ」で小説を執筆していた。カリブ海に面した別荘の庭にはさまざまな野鳥が飛来。そして書斎には愛用のタイプライターのほかに1冊の本が・・・。

Continue reading "秘密工作員「ジェームズ・ボンド」意外な命名の由来原作者イアン・フレミングが別荘で愛用したものとは – 欧州"

マネジメント層は働き方改革への意志を示せ働き方改革を進めるポイント(第10回) – 経営を強くする


働き方改革を実り多いものとするためには、組織、チーム、個人のそれぞれが描いたビジョンを実現するために、何をすべきかを考え、試し、振り返り、定着する、といったサイクルを描き続けていくことである。

Continue reading "マネジメント層は働き方改革への意志を示せ働き方改革を進めるポイント(第10回) – 経営を強くする"

北朝鮮兵が脱北 劇的な瞬間 – BBC News


北朝鮮の兵士が13日に共同警備区域(JSA)の韓国側に入り、脱北した。乗っていた車が動かなくなり、走って韓国側に入ったが、北朝鮮兵に追跡され、撃たれていた。枯葉の下に隠れていたのを、韓国軍に発見された。この一部始終の映像を、在韓米軍が公表した。韓国当局は21日、負傷した兵士が危険な状態を脱し、意識を回復したと明らかにした。

Continue reading "北朝鮮兵が脱北 劇的な瞬間 – BBC News"

ゾンビのように蘇る中国の債務問題中央と地方の争い、省レベルの債務危機が浮き彫りにすること – The Economist


中国の債務問題は、中央政府と地方政府のギクシャクした関係による部分が大きい。実際、2015年には、両者の緊張関係のために債務の額が危険なレベルに達した。このときはルールの変更でしのぎ、しばらくはそれで問題が解決できたかに見えた。だが、映画「高慢と偏見とゾンビ」と同様に、ここにきて恐怖が蘇っている。

Continue reading "ゾンビのように蘇る中国の債務問題中央と地方の争い、省レベルの債務危機が浮き彫りにすること – The Economist"

シリコンバレーで見たAIとIoTビジネスの未来【1】自動運転、工場、アニメ産業で実用化が進む – マーケティング道場


シリコンバレーで、日本人の起業などを支援している現地の日本人実業家たちがAI・IoTの最新情報や今後の展望についてセミナーを開催した。

Continue reading "シリコンバレーで見たAIとIoTビジネスの未来【1】自動運転、工場、アニメ産業で実用化が進む – マーケティング道場"

中距離ミサイル復活を検討し始めた米国、日本に打診も?急速にミサイル整備を進める中国、ロシアは条約を事実上無視 – 安全保障を考える


米紙ウォール・ストリート・ジャーナル(電子版、2017.11.16)は、米国防省が中距離核戦力(INF)全廃条約(以下、「INF条約」)で禁止されている中距離ミサイルの再開発を検討していると報じた。 1987年に米ソ間で調印されたINF条約は、両国の中距離(射程500~5500キロ)地上発射型弾道ミサイルと巡航ミサイルの全廃を定めた。

Continue reading "中距離ミサイル復活を検討し始めた米国、日本に打診も?急速にミサイル整備を進める中国、ロシアは条約を事実上無視 – 安全保障を考える"

原発事故の現場に手を差し伸べた中国の建機メーカー日本人も知っておきたい「三一重工」の軌跡 – オリジナル海外コラム


今回は、筆者が「日本人ならばその名を知っておくべき」と思う中国企業として、中国の建機製造メーカー・ビッグ3の一角である「三一重工」と、その創業者であり現代表である梁穏根(りょうおんこん)の来歴について紹介したいと思います。

Continue reading "原発事故の現場に手を差し伸べた中国の建機メーカー日本人も知っておきたい「三一重工」の軌跡 – オリジナル海外コラム"

不都合な真実に支配されてきた米国、本当の姿映画と旅する歴史の舞台~米国篇(16)「金メッキ」「進歩」「Oil」の時代 – 映画の中の世界


ドイツ、ボンで開かれていた国連気候変動枠組み条約締約国会議(COP23)は、2020年以降の国際的枠組み「パリ協定」実行へのルール作り交渉の加速などを織り込んだ宣言を採択し閉幕した。

Continue reading "不都合な真実に支配されてきた米国、本当の姿映画と旅する歴史の舞台~米国篇(16)「金メッキ」「進歩」「Oil」の時代 – 映画の中の世界"

Apple Watch、ウエアラブル市場で首位に返り咲く 7~9月の出荷台数は390万台、サムスンを大きく引き離す – IT最前線


英国の市場調査会社、カナリスがまとめた、スマートウオッチやフィットネスバンド(活動量計)などのウエアラブルバンド(腕に装着するウエアラブル機器)市場に関する最新リポートによると、今年(2017年)7~9月期における、これら機器のメーカー別出荷台数トップ3は、1位から順に、米アップル、中国シャオミ(小米科技)、米フィットビットだった。

Continue reading "Apple Watch、ウエアラブル市場で首位に返り咲く 7~9月の出荷台数は390万台、サムスンを大きく引き離す – IT最前線"

本当は北朝鮮情勢よりももっと危ない尖閣の今中国は本気で奪いにくる、米国議会の諮問機関が警告 – 国際激流と日本


中国は今なお軍事手段による尖閣諸島の奪取を目指しており、米中戦争にまでつながりかねない軍事衝突の危険性をはらんでいる──米国議会の米中関係諮問機関が年次報告書でこんな見解を公表し、警告を発した。

Continue reading "本当は北朝鮮情勢よりももっと危ない尖閣の今中国は本気で奪いにくる、米国議会の諮問機関が警告 – 国際激流と日本"

閑古鳥鳴く中国のクレープ屋、その致命的敗因とは?中国で起業に至った道のり(11) – オリジナル海外コラム


中国に渡ってからの15年間、留学から起業に至るまでの道のりを振り返っている。中国で会社を立ち上げ、シルバーアクセサリーの取引に目を付けたが、芳しい成果は得られなかった。その中で、自分たちには気合いや必死さが足りないことに気づき、ようやく本気モードのスイッチが入り、次は「クレープ」に目をつけたのだった。

Continue reading "閑古鳥鳴く中国のクレープ屋、その致命的敗因とは?中国で起業に至った道のり(11) – オリジナル海外コラム"

英女王夫妻と同じ 結婚70年のお祝い – BBC News


エリザベス英女王とフィリップ殿下は20日、結婚70年の記念日を祝った。1947年11月20日に結婚した時、当時のエリザベス王女は21歳、フィリップ・マウントバッテン海軍大尉は26歳だった。エリザベス女王は今回、自分たちと同じ年に結婚した英南西部のベティとジム・ワイアットさん夫妻に、お祝いのカードを送った。

Continue reading "英女王夫妻と同じ 結婚70年のお祝い – BBC News"

「希望の扉」が開き国境で結婚……そしてすぐに別れ – BBC News


数カ月に一度、米国の国境管理当局はメキシコと米国の国境を部分的に開く。米国に暮らすメキシコ人が故郷の家族と、ビザなしで数分間、再会できるようにするためのはからいだ。「希望の扉」を呼ばれるこの門が開いた18日、米サンディエゴ在住のブライアン・ヒューストンさんと、メキシコ・ティファーナ在住のエベリア・レイエスさんが、国境地帯で結婚した。ブライアンさんは、「愛に国境はない」と示すためだと話す。米国には不法移民が1100万人いる。その多くはメキシコ出身で、強制送還の懸念から帰国することができない。

Continue reading "「希望の扉」が開き国境で結婚……そしてすぐに別れ – BBC News"

中国は絶望的「格差」国家、民衆の怒りが爆発する日「中国の特色ある社会主義」は19世紀の帝国主義にそっくり – オリジナル海外コラム


もし習近平が本気で社会主義社会を建設したいのであれば、政権基盤が強くなった第2期目において、「和諧社会」の建設に邁進すべきであった。しかし、習近平は格差是正に舵を切らなかった。

Continue reading "中国は絶望的「格差」国家、民衆の怒りが爆発する日「中国の特色ある社会主義」は19世紀の帝国主義にそっくり – オリジナル海外コラム"

31歳のイケメン首相誕生か?オーストリアに注目せよ「ハプスブルク帝国」崩壊から100年、今も中欧で求心力を発揮 – オリジナル海外コラム


10月15日にオーストリアで実施された総選挙で第1党の座を確保した国民党の党首セバスティアン・クルツ氏が、世界中の注目を浴びている。

Continue reading "31歳のイケメン首相誕生か?オーストリアに注目せよ「ハプスブルク帝国」崩壊から100年、今も中欧で求心力を発揮 – オリジナル海外コラム"

ドキンちゃんはなぜ皆に愛され続けているのか高速道路上で誰にも迷惑をかけまいとして静かに逝った声優、鶴ひろみさん – 世界の中の日本


すでにサザエさんに次ぐ国民的アニメと言ってもいいかもしれない「それいけ! アンパンマン」で「ドキンちゃん」を演じてきた声優、鶴ひろみさんが11月16日午後7時半頃、首都高速上に停車していた車の運転席で意識不明の状態で発見され、搬送先の病院で死亡が確認されたという報道、多くの方がご覧になったかと思います。

Continue reading "ドキンちゃんはなぜ皆に愛され続けているのか高速道路上で誰にも迷惑をかけまいとして静かに逝った声優、鶴ひろみさん – 世界の中の日本"

サムスン電子、最高業績に大盤振る舞い役員人事「若返り」「JY(李在鎔)式」人事とは言うものの – オリジナル海外コラム


空前の半導体好況を受けてサムスン電子の業績も絶好調だ。「信賞必罰」で知られるだけに、過去最大規模の役員人事を断行した。韓国は超競争社会だ。サムスングループは「夢の就職先」だ。その中でもサムスン電子は飛び抜けた収益力だ。この会社の役員というのはだから、サラリーマンの頂点でもある。

Continue reading "サムスン電子、最高業績に大盤振る舞い役員人事「若返り」「JY(李在鎔)式」人事とは言うものの – オリジナル海外コラム"

中国熱が冷めてきた欧米、日本はブーム復活の兆しマーケティング力の差と中国市場の構造変化が生み出した乖離 – オリジナル海外コラム


昨年9月にワシントンDCを訪問した時、数人の中国専門家の友人から同じような話を聞いた。それは、最近、中国市場に対する米国企業の見方が以前に比べてネガティブ(慎重、消極的)になってきているという話だった。

Continue reading "中国熱が冷めてきた欧米、日本はブーム復活の兆しマーケティング力の差と中国市場の構造変化が生み出した乖離 – オリジナル海外コラム"

もはや崩壊寸前、宅配クライシスを乗り越える方法第4次産業革命・デジタル化は物流をどう変えるのか(第3回) – 経営を強くする


ラストマイルの短距離輸送は、消費行動のEC化が爆発的に進む中で、世界大でボトルネックとなっている。日本の宅配事業では低価格・高品質・短時間配送というガラパゴス化が進んでいたが、「宅配クライシス」を機とした革新が待ったなしだ。

Continue reading "もはや崩壊寸前、宅配クライシスを乗り越える方法第4次産業革命・デジタル化は物流をどう変えるのか(第3回) – 経営を強くする"

混迷の野党はどこに向かおうとしているのか立憲民主党も希望の党も立ち位置に疑問符 – 政治を読む


立憲民主党の綱領を見て驚いた。民進党とほぼ同じである。すべて一緒なのかも知れない。急ごしらえの政党であったということには同情するが、いかにも安直である。

Continue reading "混迷の野党はどこに向かおうとしているのか立憲民主党も希望の党も立ち位置に疑問符 – 政治を読む"

PDCAサイクルには“大事なステップ”が欠けている「裸の王様」を生まないために「観察」を取り入れる – 働き方と教育


ビジネスの世界では、PDCAサイクルという言葉が流行しているようだ。しかし「待てよ」と最近になって気がついた。PDCAは、運用の仕方を誤ると、とんでもないことになる。ある重要なステップが、PDCAサイクルでは欠落しがちだからだ。

Continue reading "PDCAサイクルには“大事なステップ”が欠けている「裸の王様」を生まないために「観察」を取り入れる – 働き方と教育"

スマートスピーカーはインターネットのかたちを変えるのか画面ありきの情報蓄積から音声での利用を想定したものへ – 経営のためのIT活用実学


声で指示するだけでタイマーを起動してくれる、声で指示するだけで明日の天気や気温を教えてくれる。そんな便利なアイテム「スマートスピーカー」。欧米では2014年末ごろから登場し、ユーザーのライフスタイルを変革するものとして話題となっている製品だ。
日本でも各社から続々と発売され、いよいよ日本でもムーブメントが起ころうとしている。
スマートスピーカーが生活に根付いたら、もっと活用方法が増えたら、我々の未来はどう変わっていくのだろうか?

Continue reading "スマートスピーカーはインターネットのかたちを変えるのか画面ありきの情報蓄積から音声での利用を想定したものへ – 経営のためのIT活用実学"

証拠の積み重ねから示されるスリリングなシナリオHONZ特選本『サルは大西洋を渡った』 – 読書ガイド


大陸移動や気候変動では説明のつかない生物分布がいくつも示されている。ヘビや飛べない鳥やサルは、どのようにして大海原を越えて移動できたのだろうか。

Continue reading "証拠の積み重ねから示されるスリリングなシナリオHONZ特選本『サルは大西洋を渡った』 – 読書ガイド"

由女高中生重新焕发生机的福井县鲭江市人口增长率居县内之首,焕发火热生机的眼镜圣地 – 地域を元気に


鲭江市通过市民推动制定2003年的《鲭江市通过市民活动推动城镇建设的条例》、以及2010年的《鲭江市民主力条例》,从较早的阶段就开始了市民与城镇的一体化进程。

Continue reading "由女高中生重新焕发生机的福井县鲭江市人口增长率居县内之首,焕发火热生机的眼镜圣地 – 地域を元気に"

ロシアの農業が大復活、一気に進んだ効率化経営を刷新し生まれ変わったソホーズとコルホーズ – オリジナル海外コラム


秋と言えば収穫の秋、ロシアでも「黄金の秋」と呼ばれる収穫の時期である。ここ数年、ロシアでは農業に関する景気の良い話を耳にすることが多くなった。それは何よりも農業地帯の天候が安定していること、また対露経済制裁への対抗措置としてロシア政府が欧米諸国からの農産物輸入を禁止したため、野菜・果実の輸入代替が急速に進んでいることなどが背景にある。

Continue reading "ロシアの農業が大復活、一気に進んだ効率化経営を刷新し生まれ変わったソホーズとコルホーズ – オリジナル海外コラム"

カナダで発生した中国人美少女「失踪」事件の真相甘ちゃんの若者をターゲットにした新たな詐欺 – オリジナル海外コラム


11月上旬、カナダ国内で多くの中国人留学生が章さんと同様の電話を受けた。電話の内容を信じた華人系の留学生はいずれも実家や友人・学校と連絡が取れなくなり、完全に失踪してしまったのである。

Continue reading "カナダで発生した中国人美少女「失踪」事件の真相甘ちゃんの若者をターゲットにした新たな詐欺 – オリジナル海外コラム"

慎重な言葉で伝えられたジンバブエ軍の権力掌握「クーデター」の真の狙いは、実は体制の継続か? – Financial Times


 緑色の戦闘服姿の男性が国営テレビの画面に現れ、「これは軍による政権の奪取ではないことを明確にしたいと思います」と述べたら、1つ、まず確信できることがある。軍事クーデターが行われている真っ最中だということだ。ジンバブエで11月15日水曜日の未明に起こったことは、まさにそれだった。

Continue reading "慎重な言葉で伝えられたジンバブエ軍の権力掌握「クーデター」の真の狙いは、実は体制の継続か? – Financial Times"

時代遅れの「現金主義国家」日本遅れている日本の「キャッシュレス化」と「フィンテック」の現状 – 経営のためのIT活用実学


あらゆるテクノロジーの進化がスピードを増す中で「日本は世界から取り残されている」「日本は遅れている」といった指摘を受けることも少なくない。そこで今回は、他国に比べて日本が遅れていると揶揄されている「キャッシュレス化」と「フィンテック」の現状について、NCB Lab.代表の佐藤元則氏に話を聞いた。

Continue reading "時代遅れの「現金主義国家」日本遅れている日本の「キャッシュレス化」と「フィンテック」の現状 – 経営のためのIT活用実学"

格差はっきり「立地適正化計画」で日本は変われるのか? – 日本の住まいを考える


国土面積の割に、欧州と比べ人口の多い日本ですが、森林など使えない箇所も多いのも事実です。そこで、注目をされているのが2014年8月に生まれた、街のあり方を根本的に変える改革「都市再生特別措置法の改正」です。

Continue reading "格差はっきり「立地適正化計画」で日本は変われるのか? – 日本の住まいを考える"